ボーシム研

ボーシム研(Boosim Lab)のブログです。
★ボーシム研のモバイルゲーム★
外部リンク
CATEGORIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 道具屋の四コマのネタ募集!あなたのネタが李央さんの絵で四コマ漫画に! | main | iPhone5に機種変して使ってみた感想 >>
【軍師官兵衛】竹中秀吉、大河で異例の2度目起用
竹中秀吉、大河で異例の2度目起用

なつかしいですね、大河「秀吉」。上げ潮じゃー!心配御無用!みたいな陽気な秀吉像がウケて当時、大人気でした。
高嶋政伸の秀長も良かったですね。兄弟で松永久秀の爆死に立ち会ったりとかは創作ですけど、楽しかったです。
ただ個人的には利家とまつの香川秀吉とノリピーねねのほうが好みだったかな。佐々成政との確執とかもよく描けてました。
最近では香川照之が演じたようなダークな秀吉像のほうが一般的になってきたんじゃないかなと思います。へうげものもそうですしね。史実の秀吉もそうだったんじゃないでしょうか。
また、備中高松城攻めで黒田官兵衛が「ここは水攻めの計でござる」と献策したり、水攻めの計に必要な土嚢の数を真田広之の石田三成が即時に算出したりと、戦国らしい描写も多く、面白かったです。(水攻めの計を献策したのは花房正成?)

軍師官兵衛もああいう面白い作品になればいいのですけども。大河で描かれることが無い関が原の戦いでの、官兵衛の九州での活躍が見たいですね。
そもそも戦国の九州が描かれること自体少ないですけど。
大友宗麟が主役のドラマで、立花道雪が戦場で輿に乗って銃をぶっ放してたのは印象に残っています。

| 野望シリーズ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
コメントする





この記事のトラックバックURL
http://blog.keitai-game.main.jp/trackback/485
トラックバック