ボーシム研

ボーシム研(Boosim Lab)のブログです。
★ボーシム研のモバイルゲーム★
外部リンク
CATEGORIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
iPhone版「スーパー道具屋」本日リリース

iOSアプリ第四弾です。こちらからダウンロードできます。
「スーパードウベエ」の移植版です。
「ドウベエ」は道具屋と魔王の名前なので、タイトルを変えました。
細かい修正を入れたので、過去版をやりこんだ人は別物と感じるかもしれません。
解像度が変わり、完全に同じ動きを再現するのは困難でした。
ただ、iPhone版の挙動もこれはこれでいいとは思っています。

ここまでのiOS向けの状況ですが…

ケイドロ:そこそこの人気
伝説の道具屋:大人気
家康の野望:不発…

iOSではライトなゲームが人気のようなので、スーパードウベエは結構人気出るのでは?
と思っています。
iOSユーザにもマニアックな人、コアユーザーはたくさん居ると思うんですが…
私の努力が至らず、その層にまだ届いていないようですね。
| iPhone | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
ボーシム研のiPhoneへの取り組み、および今後のドコモ携帯の対応について
iPhone新機種はドコモでも、9月20日発売

かねてから言われたとおりでしたね。

それで…ボーシム研としてのiOS(※)への取り組みなのですが、すでにケイドロはiOSに移植済みです。
(※ iOSとは、アップルのモバイル向けOSの名前で、ここではiPhone/iPad/iPod touchの総称)
また現在、伝説の道具屋IIをアップルに審査に出していますので、近いうちにリリースできるでしょう(グラフィック改善・チュートリアルとUIの改良・バランス調整をしていますが、それ以外は従来と同じです)

問題なのは、携帯やAndroidでボーシム研のゲームをプレイしていた方が、iPhoneに機種変した場合です。
ボーシム研としては今後、みんなの野望Neo、道具屋と魔王、道具屋の冒険、道具屋の帝国と順次iOSに移植するのですが、その間に道具屋や歴史SLGの最新作も出したいと思っています。
新作はまず携帯/Android向けに出して、iOS向けには道具屋の帝国移植の後に出すことになります。
よって、iPhoneに機種変すると、最新作が当分の間、遊べないことになります。
半年、一年は遅れることになるかと思います。
その可能性を念頭において頂きたいです。

ただし、あまりにもドコモのiPhoneが大人気だった場合は、旧作の移植を飛ばして最新作をiOSにも出す可能性もあります。
そうなるような予感もあるのですが…。
ともかく、iPhoneに機種変すると、新作が遊べるのが携帯、Androidより遅れる可能性があるということです。

そして…携帯なのですが…今後、ドコモ携帯の古い機種は非対応にする方向です。メモリが足りないからです。
新しい・古いの境界は、道具屋のパズルが遊べるかどうかです。これが遊べる端末はセーフです。
誠にすみませんが、古い機種はもう限界です。どうかご了承下さい。
| iPhone | 08:13 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
iPhone5に機種変して使ってみた感想
私はドコモとauの2つ契約していたのですが、auをMNPで乗り換えしてソフトバンクのiPhone5に変えました。 そして5日くらい使ってみた感想を書いてみます。

■良い点
・余計なプリインストールアプリがない(これは大きい!Androidだといらないアプリが大量に入っててうっとおしいですよね)
・スクロールがぬるぬると、指によく追随して動く。描画性能が高く、高フレームレートで動作しアクションゲームの動きがカクカクしない。
・トップ画面がアプリ一覧なのが良い(携帯やAndroidは待ち受け画面だが、iOSはまずアプリありき、という思想があるので私のようなアプリ屋にはうれしいです)
・カメラの起動→撮影→保存→終了が速い(最新機種のAndroidなら良くなっていると思いますが)

■残念な点
・戻るキーが無い!これが一番嫌!(例えばあるアプリから別のアプリが起動した場合、元のアプリに戻る方法がない。ホームボタンで全て終わらしてから、元のアプリをまた起動する、という、この手順がすごくうっとおしい)
・上に関連して、前画面に戻る方法がアプリごとに違うので、戸惑う。
・メールに添付できるファイルがたったの1MBまで!これはソフトバンクのせいらしいけど。
・appStoreやGameCenterの通信が重い。なかなか画面が出てこない。ソフトバンクのせい?
・appStoreにならんでいるアプリがGooglePlayよりも健全だが、それゆえに意外性がなくてつまらなく感じる。白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき。
・Mapアプリの出来が悪い、情報量が少なすぎる、閉店した店が沢山残ってるとか。(これは散々話題になりましたね。まぁ私はあまり使わないですけど)
・SDカードが使えない。(私はあまり使わないですけど)

電池が外せないのもなんとなく嫌だけど、外す必要あるか?と考えると別に無いので、それはまあいいかなと思います。
電池の減りはAndroidと同じぐらいだと思います。どちらもガラケーより減りやすい。

2013/9/4追記
iPhone5は指が滑りにくくて、遊びづらいゲームがかなりありますね…。
これはゲームをやる場合は致命的だと思います。
私のケイドロや道具屋は指をすべらせずにタッチするゲームなのであまり影響ないですが。
| iPhone | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
iPhone版「ケイドロ」リリース
ケイドロ
App Storeで「ケイドロ」をリリースしました。
iPhone/iPod Touch/iPadで遊べます。(OS5.0以降)
無料ですので、iPhone等お持ちの方は、よろしければ遊んで頂けると幸いです。

今後、道具屋シリーズや野望シリーズを移植する予定です。
| iPhone | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
[iOS開発]UIImageViewの上にグラフィックを描画するには
iOSゲーム開発で行き詰まるポイントの一つが、png画像の描画の遅さ。
私のように携帯やAndroidをやって来た者が、同じようなやり方でUIImageをdrawAtPointで描画すると、その遅さにショックを受ける(大きい画像ほど遅くなる印象)
CGContextDrawImageが少し速いと知ってそっちを使ってみるが、ほとんど変わらない。
OpenGLを使うか、cocos2dを使うしかないのか…と思っていたら、にっしー氏から、UIImageViewだと速くなるとの貴重な情報を頂いた。
試してみると確かに速い。これで助かった…と思ったが、UIImageViewは物理的に描画する画像データではなくViewであり、ヒエラルキーで管理されるものである。
ゲームによっては、全てUIImageViewにするのはキツいし、UIImageViewの上にCGContextFillRectなどのグラフィック描画APIでウィンドウなど描きたい場合もある。

ところがUIImageViewをグラフィックを描くUIViewにaddSubviewし、その後にdrawRectのタイミングでウィンドウなどを描画をしても、追加したUIImageViewの下になって隠されてしまうのである。

UIImageやfillRectなどのグラフィックをUIImageViewの上にするにはどうしたらいいのか?

xibファイルで自分のViewの上に親Viewを作り、UIImageViewを親ViewにaddSubviewした後、グラフィックを描くUIViewを最後にaddSubViewしてしまえばいい。

[self.superview addSubview:〜]
[self.superview addSubview:〜]



[self.superview addSubview:self] //自UIViewを最後に追加して一番上に


しかし、これをやってみると、自分のUIViewが上になるものの、今度はUIImageViewのほうが自分のUIViewのベタ背景により隠されてしまう。

自分のUIViewを透過にしなければならないのである。どうすればいいのか?

UIColor *color = [UIColor blackColor];
UIColor *alphaclor = [color colorWithAlphaComponent:0.0]; //完全透過
self.backgroundColor = alphaColor;

これでやっと、UIImageViewの上に描画したグラフィックを重ね合わせが可能になる。
自分のiPod touch4で動かしてみたが、alphaのせいで遅くなったりはしないようだ。
完全透過だしね。
(なお、initWithCoderのタイミングでやると、透過になりません。ハマりました…)

こんな変なことしてないでcocos2d使えばいいんじゃね?と言われればその通り。マップチップをたくさん表示するRPG的なゲームの場合、膨大な量のUIImageViewを出すのって大丈夫なのかと思う。まぁマップチップを結合した1枚の画像を用意しておけばいいのだけど、シムシティ的に地形をいじるようなゲームだと無理。

なお、このやりかたで最上位のUIViewにUIImageを描画すると、透過しているはずのpngでも透過されずに表示されることがある。
その場合、MacのユーティリティのColorSyncユーティリティでpngを開き、保存すると透過される。
なぜそれで直るのかはわからないのだけど…24bitなのになあ…。iOSの透過指定色の仕様の関係かな。
pngを作成する作業をMacでやれば問題なさそうだけど。

追記
iOS7からSprite Kitなる高速描画APIが使えるらしい…まだ7からだから使いづらいが、将来は主流になるのかな。
| iPhone | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
ボーシム研のiPhone対応の状況
ボーシム研はiPhone/iPad/iPod touchへの移植を進めています。
今日、iPod Touch(第四世代)で道具屋のドット絵を出してみました。
仮です

仮ですよ!

このドット絵は32x32なのですが、iPhone4の640x960の解像度にあわせて、
40x40に拡大しています。実機で見た感じ、結構綺麗に出ていますね。

まだ絵を出しているだけですが、ここまで来るのに結構苦労しました。
Mac Book AirとiPodを購入し、Objective-C(iOS向け言語)を学習し、
iOSデベロッパープログラムに登録し…
でも、大変なのはここまでで、あとは時間の問題かなと思います。

今回は道具屋の絵を出していますが、まずはケイドロを無料で出したいと思います。
その後に伝説の道具屋IIの移植ですね。

iPhone向けを出せるのは夏になると思いますが、しばらくお待ちください。
もちろんiアプリや、Androidも引き続き、色々出していくつもりです。
3機種やるのはなかなか大変ではありますが…。
| iPhone | 18:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
iPhoneでCG集ねえ・・・
「ファイナルファンタジーXIII Larger-than-Life Gallery」iPhone/iPod touch向けに配信開始!
FFXIIIのCG集ですか・・これに1000円出す人っているのかな?
超高解像度っていっても、HVGAでしょ。
サターンで出た映像ソフト・バーチャファイターポートレートを思い出しますよ。
あれワゴンで10円で売られてたなぁ。
| iPhone | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
笑えないなー
もし日本のメーカーがiPhoneを作ったら
あるあるって感じですね。いろんなセンサをくっつけて、やたら機能を列挙して、
とどめに大学教授とかの権威が推奨、完璧ですね。
直感的に好き嫌いでなく、お得かどうか、
エライ人が認めてるかどうかで判断するという国民性ですな。。。
最近iPhoneのことばかり書いていますが、私も踊らされてますね。
| iPhone | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク